消費者金融の審査、年収が及ぼす影響は?

消費者金融の審査、年収が及ぼす影響は?

 
消費者金融と年収の関わり

消費者金融を使用する時には、収入の金額は返済をしていく時にはかなり大きな要素になるのです。しかし、年収 高くない方は消費者金融の使用が不可と言う事ではないのです。

 

実際に消費者金融は総量規制の基準があるので、収入の金額に関して借入が出来る総額が変化します。

 

総量規制だと年収の3分の1が借入が出来る限度額と決められているので、収入がない状態だと消費者金融の審査の申請をする事は不可能ですが、収入がある場合には消費者金融に申請が可能です。

年収が高くない人は申請出来ない?

消費者金融の審査だと、年収の金額に関しての制限と言うものはないので、最低でも何万円以上の収入がないと借入出来ない、と言う様な事もないのです。消費者金融業者がする申請で最も見られるのは、

収入の金額がどれぐらいなのか・・・

その様な事以上に収入がどれ程安定出来ているか、と言う事なのです。それは消費者金融から借入をして貰った金額を返済する為に重要ですので、月々無理のない様に返済が可能なのかを判断する時に収入が安定しているのかが大きく関与するからです。

 

年収の金額

多くない時でも、月々ある決まった金額以上だと、消費者金融の審査に申請する為の条件のうちの1つは条件を達成していると言う事ですので、年収の金額が多くないからと言うだけで、申請不可だと言う事ではないのです。

消費者金融の審査だと虚偽の報告はNG

当然ですが消費者金融の審査だと事実と違う様な内容、要するに虚偽の申請をすることはNGなのです。消費者金融で借入をして貰える事が可能な金額に関しては総量規制の基準が採用される為に今までの融資金額、年収の金額に関しては融資出来る金額に違いがあります。

 

例えるなら本当は他社の融資をして貰っているのにこの事実を隠蔽して申請する、または、収入の金額を本当の金額よりも高額で申請すると言う様な事は消費者金融の審査ではしない方がいいです。借入をして貰う方からするとちょっとでも多い金額で融資を受けたいのですが、

事実を隠蔽して審査を受けた場合でも・・・

この様な事実は絶対に消費者金融業者の方に分かります。実際に総量規制に関しての収入の金額に関係して融資をして貰える金額が減ってしまう事もあるので、なるべく自分に都合のいい条件を提示したいと考える事は誰しもあります。

 

その様な場合でも事実に合った内容で申請する事が審査で通過する為に1番確実である方法だと考えられます。