消費者金融は総量規制外で借りれる?

総量規制とはどんなものか知っていますか?

 
お金を借りるために消費者金融を利用したいと思っている人には、しっかりと知っていてほしいことが総量規制です。

この規制は、2010年に改正された貸金業法の一環として導入されました。

 

消費者金融や貸金業者からお金の借入をする際、年収の3分の1以下の限度額までと決められているものです。

 

例えば、年収300万の方が消費者金融からお金を借入する際には、最大100万円の限度額になるということです。

 

この総量規制が取り入れられるまでは、貸金業者などから借入をするときの限度額に年収が影響してくることはありませんでした。

 

では、なぜこの総量規制が定められるようになったのか。

 

まずは、多重債務者を減らす為であり、現実的に返済が可能な借入限度額は、年収の3分の1以下だと考えられているからです。

 

総量規制が適用される消費者金融。

貸金業法の総量規制は、見てわかる通り貸金業者が規制対象となります。消費者金融だけではなく、他にも信販会社やクレジットカード会社も適用範囲内となります。

 

消費者金融以外のクレジットカードのキャッシング枠等も、この総量規制の適用範囲内なので、既にクレジットカードのキャッシング枠から借入をされていれば、その分他の金融業者からのお金の借入金額も減ってくることになります。

 

これとは逆に、消費者金融から多額の借入がある時には、他業者からの融資などを得ることも難しくなります。ただ、銀行は貸金業法で定められている貸金業者ではありませんので、総量規制の対象には入りません。

 

総量規制の除外と例外。

総量規制には、年収の3分の1以上の借入が可能になる除外・例外のケースが定められています。

 

それは、特に住宅ローンや自動車ローン等のような多額となるケースや、不動産を担保にし借入をするケースなどです。

 

例外のケースとしては、利用者側が有利になる借入や緊急の医療費などが必要となる場合は、借入が可能になることがあります。

 

こういったケース以外は、消費者金融からの融資は通常の総量規制の規定内で行われます。

 

この総量規制がある為に、消費者金融では年収の金額や現在の借入件数・総金額を、審査されるようになったのでしょう。